乳酸菌の特性

乳酸菌・ガゼリの菌特徴

ガゼリ菌という乳酸菌をご存知ですか?このガゼリ菌は、数ある乳酸菌の中でも大変強い乳酸菌で、健康維持やダイエットに欠かせない乳酸菌です。
ではここで、この乳酸菌のガゼリ菌について詳しくまとめてみました。

ガゼリ菌とは?

ガゼリ菌とは、ラクトバチルス・ガゼリ菌SBT2055株といい、乳酸菌の一種で、人の腸内から培養した乳酸菌です。
大腸にはビフィズス菌や乳酸菌と呼ばれる腸内環境を良くする善玉菌と、腸内環境を悪くする悪玉菌、そのどちらにも属さず、優勢な方の味方をする、日和菌という菌がいます。
この3つの菌のバランスを腸内フローラといいますが、このバランスが悪くなると、便秘になったり、免疫力が低下してしまったりします。
そうならない為にも、常に悪玉菌よりも善玉菌を増やさなければならず、ガゼリ菌はこの善玉菌を増やす効果があります。
善玉菌を増やす方法はこちら

善玉菌の代表格の乳酸菌やビフィズス菌の殆どは口に入ると、生きたまま腸まで届く事がありません。
なぜなら乳酸菌やビフィズス菌は胃酸や胆汁に弱く、死滅してしまうからです。
ですがこのガゼリ菌は生きたまま腸まで届く特徴があり、更に人の腸内で最大90日まで留まる事ができる高い定着性のある強い乳酸菌なのです。
長く腸内で留まる事で様々な健康維持に効果があります。
ガゼリ菌は内臓脂肪を減少させ、コレステロール値を低下させる効果があり、更に腸内環境を良くする事で便秘改善効果にも役立ちます。
ガゼリ菌は長く腸内で留まり、発酵を続け、人にとって有効な成分を生み出す力があります。
その結果、腸内フローラのバランスを良くし、体に良い作用をもたらし、その事をプロバイオティクスといいます。
ガゼリ菌はその力をもつ生きた乳酸菌なのです。

ガゼリ菌は生きて長く腸で留まる強い乳酸菌だった!

いかがでしたか?ガゼリ菌は生きて腸内でもっとも長く留まる事ができる、強い乳酸菌なのです。
乳酸菌は生きて腸まで届かず、大部分が死んでしまうので、ガゼリ菌はとても強い菌なのです。
なので、色んな体に健康をもたらし、効果を発揮してくれるのです。
ガゼリ菌を是非毎日の食生活に摂り入れ、健康維持に役立ててみてください。
また、乳酸菌の摂取量に関してはこちらをご覧ください。

ページのトップへ戻る